Saturday, April 21

【増田雄 脚本】ジョルジュサンド〜ショパンへの手紙』

三矢直生5月6日(日曜日)16時開演。
『ジョルジュサンド〜ショパンへの手紙』
東京芸術劇場 シアターイースト

【カルテット】
https://www.quartet-online.net/ticket/georges-geigeki

【増田雄 脚本】『マグナとふしぎの少女』大阪公演



劇団KIOが、ミントフラッグ株式会社が提供するゲームアプリ『マグナとふしぎの少女』を原作とした公演を、大阪にて初スタートいたします!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「マグナとふしぎの少女」大阪公演

ある日、壁の上からふしぎな少女が落ちてきた
「キミは誰? どこから来たの?」
しかし、少女から返ってきたのは少年の知らない言葉だった
「Where am I? Who are you?」

少女は母親にかけられた呪いを治す薬をさがしにきたという
しかし、少女が落ちてきた壁の向こうにはマモノが棲むと伝えられている
天まで伸びる大きな壁、マグナ。
・・・少女はマモノなのか?
・・・マグナの向こうの世界には何がある?

二人が言葉を交わすとき、物語が動き出す

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<開催概要>
◆ 公演日時
2018年5月12日(土)19:30開演(19:15開場)
2018年5月13日(日)10:00開演(9:45 開場)

◆ 会場
大阪市立北区民センター ホール
〒530-8401大阪市北区扇町2-1-27
<アクセス>
地下鉄堺筋線「扇町」駅 2号B-出口北へ3分
JR環状線「天満」駅 西へ3分 北区役所隣
<電話番号>
06-6315-1500
<URL>
https://www.osakacommunity.jp/kita/access.html

◆ キャスト
まいくまこ
菊本百花
小暮はな
さくらこりん
Yu Ra
中立公平

◆ スタッフ
演出:中立公平
原作:孫 泰藏 片山崇
脚本:バーガーゴリラ 中立公平 増田雄
音楽:Jerome Baur
衣装・造形:西川千明
映像製作:ミントフラッグ株式会社
映像:川崎麻耶
テクニカルオペレート:伏屋知加

<チケット料金>
全席自由
一般 前売2,000円/当日2,300円
こども(6歳〜高校生まで)前売500円/当日700円
親子(一般1枚+こども1枚)前売2,500円 ※前売のみ
※車椅子の対応については、お問い合わせください。

<申込み方法>
①Peatix:こちらのページから「チケットを申し込む」ボタンをクリックし、以下の期日までに申し込み人数分チケットを事前決済にてご購入ください。
https://magna.peatix.com/
②電話受付KIO:0120 410481(平日10:00〜18:00)
③申込みアドレス▶︎http://www.thekio.co.jp/kouentoiawase/

チケット購入期限日:5月11日(金)23:59まで

お問い合わせ:KIO(平日10:00~18:00)
0120-410-481(よいおしばい)
art@thekio.co.jp

Saturday, January 27

【増田雄 演出】日本の近代戯曲研修セミナーin大阪


日本の近代戯曲研修セミナーin大阪
大正時代の劇作家が新たな演劇を求め、何に挑んだかを探る
リーディングとシンポジウムの2本立て

日程:2018年1月27日(土)・28日(日)
会場:劇団未来ワークスタジオ

増田組『生きてゐる小平次』『或る時代』(鈴木泉三郎)
福谷組『人間万歳』(武者小路実篤)

1月27日(土)
福谷組 14時~15時15分
増田組 16時~17時15分
シンポジウム「鈴木泉三郎とその時代」17時30分~18時30分
パネラー/正木喜勝(演劇研究者)

1月28日(日)
増田組 13時~14時15分
福谷組 15時~16時15分
シンポジウム「武者小路実篤とその時代」16時30分~17時30分
パネラー/寺澤浩樹(文教大学文学部日本語日本文学科 教授)

料金 500円( 高校生/協会員無料 )

【お申し込み・お問い合わせ】
関西ブロック事務局
e-mail/ kansaiblock@yahoo.co.jp

Thursday, January 11

【増田雄 脚本・演出】一人芝居ミュージカル短編集vol.4



ついに関西上陸!

「一人芝居ミュージカル短編集vol.4」

 2018年1月11日(土)~1月14日(日)
 ¥3500(一般)¥2800(学生)
 @OVAL THEATER(オーバルシアター)
 http://www.officephi.com/loxo.html

 一人芝居ミュージカル短編集
 待望の大阪公演。
 実在の8人の人物の生涯を
 脚本、音楽、全て新作で書き下ろします。

キャスト、スタッフ ______
  
 企画、作曲、演奏:伊藤靖浩
 演出:増田雄(モンゴルズシアターカンパニー)
 照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.)

 制作協力:モンゴルズシアターカンパニー

《女性ver》 

 「世界一美しい発明家」
 題材:ヘディ・ラマー
 出演 澤井里依(舞夢プロ、evkk)
 脚本:鈴木友隆


 「その死刑囚は美人だった」
 題材:劉 冬梅 (リィゥ・ドンメイ)
 出演 中右遥
 脚本:福谷圭介(匿名劇壇)


 「私の旦那はモーツァルト」
 題材:コンスタンツェ・モーツァルト
 出演 原田智子
 脚本:増田雄(モンゴルズシアターカンパニー)

 「ねえ、マリア様」
 題材:立花誾千代
 出演 守屋由貴
 脚本:青木道弘(イカスケ)

《男性ver》 

 「あの頃のアリスへ」
 題材:ルイス・キャロル
 出演 大曽根クルール(劇団ウンウンウニウム)
 脚本:棚瀬美幸(南船北馬)

 「クール」
 題材:マイルス・デイビス
 出演 川口大地
 脚本:西史夏

 「天国か地獄」
 題材:ネロ・クラウディア
 出演 佐藤俊作
 脚本:Sarah(ムーンビームマシン)


 「昼行夜誦」
 題材:ウラジーミル・ナブコフ
 出演 古川智
 脚本:杉本奈月(N2)

《リバイバル公演》 

 「over the wall」 
 題材:マレーネ・ディートリッヒ
 主演:エスムラルダ
 脚本:エスムラルダ

 「注文の多い宮沢賢治」
 題材:宮沢賢治
 主演:森田学
 脚本:モスクワカヌ(劇団劇作家)

 「それでも私は踊る」
 題材:イサドラ・ダンカン
 主演:福麻むつ美
 脚本:村本篤信

※作品は主演キャストの50音順に明記しました。

公演日程 ______

 全11演目とリバイバルの中から、
 3演目(または4演目)をご覧いただけます。

 1/11(木)
  19:00 男性キャスト公演1
      &リバイバル公演
      佐藤俊作 / 川口大地 / 大曽根クルール / &エスムラルダ
     ※vol.2より「over the wall」
 1/12(金)
  19:00 女性キャスト公演1
      &リバイバル公演
      守屋由貴 / 澤井里依 / 原田智子 / &福麻むつ美
     ※vol.1より「それでも私は踊る」
 1/13(土)
  12:00 女性キャスト公演2
      澤井里依 / 中右遥 / 原田智子
  15:00 男性キャスト公演2
       &リバイバル公演
      佐藤俊作 / 川口大地 / &森田学
      ※vol3.より「注文の多い宮沢賢治」
  18:30 男性キャスト公演3
       &リバイバル公演
      大曽根クルール / 古川智 / &エスムラルダ
     ※vol.2より「over the wall」

 1/14(日)
  12:00 男性キャスト公演4
       &リバイバル公演
      川口大地 / 大曽根クルール / 古川智 / &森田学
      ※vol3.より「注文の多い宮沢賢治」
  15:00 女性キャスト公演3
       &リバイバル公演
      守屋由貴 / 澤井里依 / 中右遥 /&福麻むつ美
     ※vol.1より「それでも私は踊る」
  18:30 女性キャスト公演4
      守屋由貴 / 中右遥 / 原田智子
 
※開場は30分前を予定しております。

今後の、日程 ______
 
予約受付開始:11月25日(土)12:00
https://ticket.corich.jp/apply/87905/
 上記webサイトからご予約できます。

  メールでのご予約方法

  希望公演(日時と時間をお書きください)
  ご予約のお名前(ふりがな)
  枚数
  電話番号
  をご明記のうえ、rickytickyasu@gmail.com
  までご連絡ください。
  メールの返信をもって、ご予約受付完了となります。

 ※チケットの扱いにご希望がありましたら、
  予約サイトの備考欄か、メールに希望の役者の名前をお書きください。
 ※予約サイトが繋がりづらい場合は、メールにてご予約くださいませ。
 ※キャンセル待ち、立ち見を希望の方はその旨をご明記くださいませ。

______

ご予約は
https://ticket.corich.jp/apply/87905/
こちらから。(11/25 12:00-)

Sunday, November 5

人を斬らぬ刀~演劇と伝統武術がコラボ~



モンゴルズシアターカンパニープロデュース演劇公演
『人を斬らぬ刀』
―今の世に刀は必要ですか?―

【ストーリー】
剣術道場の師範である時任守は苦渋の選択を迫られていた。江戸時代より先代から続く流派が今、壊滅の危機にさらされているのだ。新しい入門者がいないのである。今や平和な日本で武術が栄えるわけもなく、その美しさを広めようにも技は門外不出という代々から続く掟があり、公の宣伝が出来ない。時任は周りの反対を押し切り、公での演武披露を企画するが・・・。日本の伝統武術が現代に抱える問題点が明確になっていく。今の時代になぜ伝統武術は受け継がれ、そして何を守っていくべきなのか?演劇と伝統武術がコラボしたヒューマンコメディ!

【出演】
あらいらあ
山本禎顕
クロベイ(CLAPxCLAP
白水ひろこ(舞夢プロ)

【和太鼓演奏】
松村雄哉(El Puente

【スタッフ】
演出助手 松田亜矢香
制作 モンゴルズシアターカンパニー
宣伝広告 ココロイチデザイン
協力 OVAL THEATER、楠誠会館

作・演出 増田雄(モンゴルズシアターカンパニー)
1987年生。三重県出身。多摩美術大学卒業後、一年間イギリスへ留学。
演劇ユニット・モンゴルズシアターカンパニー主宰。オーケストラとの融合や、精神科医へ向けた講演会、廃工場を利用したアートイベント、ライブペイントとのコラボなど、演劇の垣根を超えたフレキシブルな活動形態を武器に、社会の問題点に焦点を当てた様々な演劇作品を発表している。代表作に『ドヴォルザークの新世界』(主演 なだぎ武)、『モーツァルトとマリー・アントワネット』(主演 宮地真緒)、『鼠』(劇王天下統一大会2015関西代表)等、年間20本以上の作品を創作している。



監修・演武 渡部達也(新伝水心流居合剣術平法)
1987年生。愛媛県出身。2006年、大学在学中の広島にて、「広島柳生新影流兵法 柳新会」に入門、上藤鎮朗宗家に師事。その後稽古場を大阪市十三に移し、「新伝水心流居合剣術平法 楠誠会館」に入門、塚川酔石宗家に師事。水心流の後継者としての教えを受ける。2011年、塚川酔石宗家の逝去に伴い、二代目を継承。以降、門下生の育成をはじめ、全国各地での奉納演武、業界の衰退という危機感からアーティストとのコラボや独自の表現を追究し、居合剣術の啓蒙活動を続けている。

【公演スケジュール】
12月15日(金)19:30
   16日(土)11:00/15:00/19:30★
   17日(日)11:00/15:00 

★のマークの回は終演後、日本殺陣道協会会長の八木哲夫さんのアフタートークがございます

【会場】
OVAL THEATER(オーバルシアター)
545-0052  大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-45
アクセス
地下鉄谷町線「阿倍野駅」1番出口より徒歩2分
JR、地下鉄御堂筋線「天王寺駅」より徒歩6分
近鉄南大阪線「阿部野橋駅」より徒歩5分
阪堺上町線「阿倍野駅」より北へ徒歩1分














【チケット】
一般前売 2,500
当日 3,000
U25・障碍者前売 2,000
       当日 2,500
武士割り!(武道関係者) 1500

チケット発売 1017日(火)1000より

【ご予約】
電話:050-3699-3171
Emailmongolstc@gmail.com

カルテットオンライン

https://www.quartet-online.net/ticket/hitowokiranukatana



Thursday, October 19

【増田雄 演出】オズの部屋探し〜または、オーバー・ザ・レインボウ不動産のいちばん長い日

演劇ユニット・チーム銀河第4回公演
「オズの部屋探し〜または、オーバー・ザ・レインボウ不動産のいちばん長い日」

 「どうしてオーバー・ザ・レインボウ不動産なんて名前にしたの?」
 「子どもの頃、『オズの魔法使い』の映画をみて、これだって思ったんです。」
 「でも、家にまさるところなしなんておかしくない? 家に帰っても平凡な日常が待ってるだけよ。」
 不動産屋の男と女性客が4つのアパートを訪れ、そこに住んでいた住人の人生を想像し演じていく「おもろうてやがてかなしき」ふたり芝居。
日時
2017年10月19日(木)20時
2017年10月20日(金)20時
2017年10月21日(土)17時
2017年10月22日(日)17時
2017年10月23日(月)20時
2017年10月24日(火)20時
2017年10月26日(木)20時
2017年10月27日(金)20時
2017年10月28日(土)11時/15時
2017年10月29日(日)11時/15時
 全12回(10月25日(水)は休演日)
 開場はそれぞれ開演の30分前
場所
NORAフリースペーススタジオ(http://www.nora-studio.net
 大阪市北区与力町2丁目10東寺町ビル2階
 JR大阪天満宮駅/地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」駅3番出口より北に徒歩4分
 駅からスタジオまでの詳細な道筋は次のURLでご覧いただけます。
http://toura-h.wixsite.com/team-ginga/norastudio
料金(全席自由席)
 一般 前売り2,500円     当日3,000円
 25歳以下 前売り2,000円   当日2,500円
早割(9月30日までにご予約いただいた場合)
 一般    2,000円
 25歳以下  1,500円
作 :東浦弘樹(チーム銀河代表、関西学院大学教授、フランス文学者)
演出:増田 雄(モンゴルズシアターカンパニー)
出演
女 :大盛り桂子(劇団ウンウンウニウム)
男 :東浦弘樹
ご予約・お問い合わせ
カルテットオンライン
  https://www.quartet-online.net/ticket/ozu-no-heyasagashi
メール
  unit.team.ginga@gmail.com
電話
  050-3699-3171 (モンゴルズシアターカンパニー)

Saturday, September 23

【増田雄 演出】『振って、振られて』三都市ツアー

★松本公演ー第22回まつもと演劇祭参加 (会場 池上邸)
9月23日(土) 10:00/15:30
  24日(日) 10:00/15:00
★名古屋公演ーナビロフト×想流私塾 交流企画 「Visitors」参加 (会場 ナビロフト)
9月27日(水) 19:30
  28日(木) 19:30
  29日(金) 19:30
  30日(土) 15:00/19:30
10月1日(日) 14:00/17:00
□特別公演…漱石狂言『坊っちゃん』
愛知県芸術劇場で2014年に上演した作品を大きく練り直し、再演!
9月26日(火)19:30 
作・出演:くるみざわしん(光の領地)
演出・出演:増田雄(モンゴルズシアターカンパニー)
□くるみざわしん 戯曲講座開催
北区つかこうへい劇団、伊丹想流私塾で劇作を、大阪文学学校で詩作を学んだくるみざわしんが戯曲執筆のコツと工夫を教えます。
□9 月 29 日(金)17:30 / 30 日(土)13:00 / 10 月 1 日(日)12:00
□料金/1回 1500 円(授業の内容は毎回違います)
□授業時間/80 分 
★大阪公演ーOpen5周年記念企画 (会場 座・九条)
10月7日(土) 14:00/17:00/20:00





Wednesday, August 16

【韓国・ソウル公演】一人芝居「私」と魂の脱植民地化



演劇×魂の脱植民地化セッションvol.1
一人芝居「私」と魂の脱植民地化
【プログラム】
2017年8月16日(水)
11時30分~12時00分 一人芝居「私」 増田雄
12時00分~12時30分 アフタートーク 深尾葉子
あなたは自分の人生を生きていますか?人生の岐路に立った時、日々の人生を生きる時、ありのままの自分を犠牲にして、あるべき自分、ありたい自分に譲り渡していませんか?結婚、就職、友人関係、親子関係、様々な場面で、自分自身を生きるということとは?目の前のタスクや周囲の期待を実現するために本当の自分をどこかに追いやっていませんか?このドラマはあなたの中に生きる、“もう一人の自分”との知られざる対話です。
【ストーリー】
ある日、私の家に訪ねてきた、もう一人の“私”と名乗る人物。
「あなたの有効期限が切れましたので、更新にやってきました」
“私”は、そう私に言った・・・。
来年から社会人となる男子学生の‟私“は人間関係において不安を抱えていた。他人の言っていることが理解できない時がある、自分は人と少し違う、このまま社会へ出ていく自信がない・・・そんな悩みを抱える‟私”の元へ、自分そっくりの男(もう一人の私)が訪ねてくる。男は‟私“の取り扱いが可能になる説明書(マニュアル)を‟私”に渡し、人とのコミュニケーションの仕方を教える。自分のマニュアルを手に入れた‟私“は次の日から上手く生きていくことが出来るようになるが、ある日を境にマニュアル化されたコミュニケーションに疑問を感じるようになる・・・。
【日時】
2017年8月16日(水) 開場:11時00分 開演:11時30分(所要時間:60分)
コア・アートにて
【アクセス・地図】
http://japanese.visitseoul.net/attractio…/Core-Art-JP_/11777
【チケット料金】
無料
【脚本・出演  増田 雄】
1987年生。三重県出身。劇作家、演出家、プロデューサー。多摩美術大学映像演劇学科卒業後、一年間イギリスへ留学。2015年、会社の地域活性化事業で出会った社員らとモンゴルズシアターカンパニーを立ち上げ、これまでの演劇では考えられなかった受注型の創作メソッドを確立。オーケストラとの融合や、精神科医へ向けた講演会、廃工場を利用したアートイベント、ライブペイントとのコラボ、テーマパークのプロデュース、ディナーショー、フラッシュモブなど、ジャンルの垣根を超えた独自の活動形態で、日本での年間依頼公演数は40本以上にも及ぶ。
【講演 深尾葉子】
大阪大学准教授。大阪府高槻市生まれ。1985年大阪外国語大学中国語科卒業。87年大阪市立大学大学院前期博士課程東洋史専攻修了、大阪外国語大学中国語科助手、91年講師、96年助教授、2007年統合により大阪大学経済研究科准教授。大阪大学経済研究科グローバル・マネージメントコース准教授。著書『魂の脱植民地化とは何か』『現代中国の底流―痛みの中の近代化』『「満州」の成立―森林の消尽と近代空間の形成』『日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路』『日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体』など多数。業書 魂の脱植民地化シリーズは、現代社会の病理の起点に鋭く切り込んでいる。

Saturday, August 5

【増田雄 演出】『ガラシャ』真田十勇士 エピソード ゼロ

【公演日時】
2017年8月5日(土)
open 17:00 / start 18:00

【出演】
怜花
赤兵衛
長町恵司
木猿
仁古来
松田亜矢香
西久保亜希
西久保佑作
杉本栄二(侍道-殺陣塾)
古川智(華舞衆 彩り華、羽々斬)
くノ一牡丹(日本殺陣道協会)
徳丸新作(日本映画俳優協会)

【チケット】
発売日:2017年7月5日
料金:8,000円(ドリンク飲み放題(アルコール類を含む))
(※お車でお越しの方、及び未成年の方にアルコール類はご提供できません。)
販売:オンラインショップ マークスマンセレクト
(※予定枚数に達し次第前売チケットの販売は終了となります。)

【会場】
滋賀 U★STONE
滋賀県大津市粟津町11-12
JR東海道本線(琵琶湖線)石山駅徒歩1分/京阪石山駅徒歩1分

【主催】
マークスマンディスク合同会社
一般社団法人日本殺陣道協会

【企画・運営】
マークスマンディスク合同会社

【総合プロデュース】
斎藤裕哉(マークスマンディスク合同会社)

【監修】
八木哲夫(日本殺陣道協会)

【原作・脚本】
DOMI(MEGASTOPPER)

【演出】
増田雄(モンゴルズシアターカンパニー)

【演奏】
DMO ~DOMI with MutliVitamin Orchestra~

【制作】
ガラシャ制作委員会
マークスマンディスク合同会社
モンゴルズシアターカンパニー
一般社団法人日本殺陣道協会
ココロイチデザイン(画:ウチハル)

【増田雄 脚本】ジョルジュサンド〜ショパンへの手紙』

三矢直生5月6日(日曜日)16時開演。 『ジョルジュサンド〜ショパンへの手紙』 東京芸術劇場 シアターイースト 【カルテット】 https://www.quartet-online.net/ticket/georges-geigeki