Wednesday, September 21

レミゼって呼ばないで~または本を飛び出したジャン・バルジャンの華麗な冒険~



演劇ユニット・チーム銀河第3回コラボ企画
『レミゼって呼ばないで〜または、本を飛び出したジャン・バルジャンの華麗な冒険』

作者の書いた人生を生きるのが嫌になったジャン・バルジャンが、21世紀の日本に突如現われ、場末の喫茶店に住み込みで働きはじめる。
恋あり、歌あり、笑いあり、革命ありの一大ロマン!?

日時
2016年9月30日(金)19時30分
2016年10月1日(土)12時/16時/19時30
2016年10月2日(日)12時/16時

場所...
カフェ+ギャラリー ジャン・トゥトゥクー(http://can-tutku.jimdo.com/
大阪市西成区松Ⅰ-Ⅰ-8出口ビル1階
  大阪市営地下鉄四ツ橋線「花園町駅」4番出口より南へ徒歩3分
  南海線・地下鉄堺筋線「天下茶屋駅」2番出口より北へ徒歩6分

チケット 全席自由・日時指定

一般 : 前売り2,500円、当日3,000円
25歳以下・障碍者 : 前売り2,000円、当日 2,500円

更にジャン・トゥトゥクー3階のアートグラウンドcocoromiで同時上演のPlantM「君ヲ泣ク」(9月26日〜10月2日)のチケット持参のお客さまは上記料金から500円引き。*PlantMでも当公演のチケット持参で当日券が500円引き。

ご予約・お問い合わせ
・カルテットオンライン https://www.quartet-online.net/ticket/lesmis
・チーム銀河サイト http://toura-h.wix.com/team-ginga
・メール teamginga06@gmail.com (チーム銀河)
・電話 050-3699-3171 (モンゴルズシアターカンパニー)

作 :東浦弘樹(チーム銀河)
演出:増田 雄(モンゴルズシアターカンパニー)

キャスト
ジャン・バルジャン :内藤 章
洋子 :寺岡千尋
龍平 :越智浩太
めぐみ :山崎千里佳
テナルディエ夫人 :とくらゆきこ
中年男 :東浦弘樹

スタッフ
舞台監督・美術 山田淳二
音響 神田菜摘
照明 山本瑛莉子
フライヤーデザイン とくらゆきこ
制作 小松正道

後援: 在日フランス大使館/アンスティテュ・フランセ日本

概要
 ヴィクトル・ユーゴーの名作『レ・ミゼラブル』の主人公ジャン・バルジャン――作者が書いた通りの人生を生きるのが嫌になった彼は、本を飛び出して21世紀の日本にあらわれ、場末の喫茶店に逃げ込む。店主の洋子や常連客の龍平とめぐみは、ジャンを追いかけてきた中年男を追い返し、ジャンは喫茶店に住み込みで働きはじめる。
 中年男は物語の中からやって来たテナルディエ夫人と結託し、一度はジャンを連れ戻すことに成功するが、ジャンは巧みに彼らを出し抜いて喫茶店に戻る。
 喫茶店で働くうち、ジャンは店主の洋子と恋に落ちる。その一方で、革命を夢みる龍平とめぐみ、さらにはいつの間にか彼らと仲良くなったテナルディエ夫人は、ジャンを彼らの武装蜂起に参加させようとする。
 そんななか、龍平たちの計画が漏れ、喫茶店は警官隊に包囲される。龍平たちは店に立てこもり、彼らをスパイしていた中年男を捕まえる。中年男を背負って下水道から脱出をはかるジャン――背負う相手こそ違うが、結局、彼は『レ・ミゼラブル』と同じことをする羽目になる……
 恋と革命のはざまでジャンはどのような選択をするのか? 洋子と彼の恋の行く末はいかに? 下水道のなかで、物語は混迷をきわめ、思わぬ方向に進んでいく。

【俳優・脚本家募集】一人芝居ミュージカル短編集 大阪公演オーディション

【vol.4出演者、脚本家オーディション】 vol.1、vol2が東京で大好評を得た本シリーズ。 そして来年2018年1月、満を辞しての大阪公演を開催致します。 初の、地方公演。 新たな出会いを求めて、大阪での出演者と脚本家のオーディションを行います...